収納に必要な大きさ(量)を決めるときに気を付けたいこと(2)

収納に必要な大きさ(量)を決めるときに気を付けたいこと。
まずは持っている物の量を把握することでしたね。

どんなモノをどのくらい持っているかわかったら、要・不要の選別をします。
要らないものまで収納するようなら、場所がもったいないですね!
生活に「必要最少限」な物を「最大限有効に」スペースを使って収納します。

間違っても、「最大限の物」をいかに「最小限のスペース」に詰め込むか!
ではありません。
ここ、勘違いしている方が多いのです。
ただ、最小限といっても、何もミニマリストになれとは言っていません。
あなたにとっての「最小限」なので、多めの方もあれば少な目の方もいます。

自分にとっての適正量を見極めましょうね!

サービスメニューを見る